マイホームを残したまま債務整理をするためには

債務整理をすると、借金を減額できる代わりにマイホームを手放さなければならないと思っている人もたくさんいますが、じつは必ずしもそうではありません。確かに債務整理の代表格である自己破産をした場合は、マイホームなどの財産のほとんどを手放さなければいけませんが、それ以外にも債務整理の方法は用意されており、マイホームを手放さなくても借金を大幅に減らすことは可能なのです。マイホームを売り渡すことなく借金を減額するためには、個人再生という手続きを利用します。民事再生とも呼ばれていますが、これは破綻した会社などが利用する民事再生の方法を、個人にも適用したものだからです。

この手続きを利用すると、住宅ローンを除いた借金を5分の1にまで減額することができ、残った借金を原則として3年間で支払うことになります。減額幅は借金の総額によりますが、少なくとも100万円は返済しなければいけません。利用者にとってもメリットの多い個人再生ですが、利用するためには一定の条件を満たしておかなければいけません。個人再生を利用できるのは将来にわたって継続して安定した収入が見込める人です。

またサラリーマンの場合は簡素化された手続きを利用することもできます。ただこの手続きは住宅ローンを除いた借金の返済に困っている人にはメリットがありますが、住宅ローンそのものの返済に窮している人にはあまり意味がありません。この場合は他の手続きが有効なことも考えられますので、弁護士など専門家に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です