債務整理の一種である任意整理の流れについて

債務整理の種類の中で、行われているケースが多い手続きとして任意整理があります。任意整理は債務者個人が行うことは難しいので、一般的には弁護士か司法書士に依頼することになります。無料相談を実施している法律事務所も多いですので、利用することによって経費の削減に役立ちます。弁護士などの法律家に相談するときには、借り入れ状況や債務者の収入の状況、必要になっている生活費、どのような債務整理の手続きを行いたいのかについて、毎月の返済できる金額について弁護士に説明する必要があります。

弁護士などに相談することによって、どの債務整理の手続きを行うのか方針を決めてから、着手金の支払いを行います。任意整理の手続きを弁護士に依頼したときには、債権者である貸金業者などから借り入れについての取引状況や支払いの経過についての履歴を請求します。現在までの取引履歴を確認することで、利息制限法に基づいた形での利息の計算を行います。取引履歴の確認によって払いすぎている利息分があることが確認できたときには、返還請求を行う金額についても計算をします。

引き直し計算をすることで、返済計画案を完成させて和解の交渉を行います。和解案に基づいた形でそれぞれの債権者と交渉をして、同意を取り付けることによって任意整理の手続きをします。債権者との和解が成立したときには、減らされた借金について返済計画に基づいて支払いをしていくことで完済を目指す債務整理の手続きとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です