クレジットカード会社からの借金は債務整理で解決可能

債務超過の原因のひとつとして問題化しているものに、クレジットカードのショッピング枠の問題があります。クレジットカードのショッピング枠については、債務整理の選択肢として自己破産を選んだときに裁判所の免責が受けられない可能性があります。自己破産は裁判所に破産の申し立てを行ってから、借金を帳消しにしてもらうための免責を受ける必要がありますが、浪費に関しては免責の不許可事由になります。クレジットカードのショッピング枠の使い過ぎによって、返済できない状況に陥っているときには自己破産が難しい場合があります。

クレジットカードにはキャッシング枠があって、そちらについては債務整理のうちの任意整理を選択することによって、過去の取引履歴を調べることが可能です。大手のクレジットカード会社であっても、利息制限法で規定されている上限金利の利率を超えた貸し付けを行ってきた経緯がありますので、過去の取引履歴を確認することで過払い金が発生している可能性があります。過払い金があるときには借金額の減額の交渉ができるので、任意整理を行うことでクレジットカードのキャッシング枠による借金を減らすことが可能です。クレジットカードの場合にはキャッシング枠の債務整理をしているときでも、ショッピング枠による使い過ぎがあるときには一緒に債務整理ができます。

任意整理をすることでクレジットカードによる借金の整理をすることが可能で、それ以降の5年間ほどはクレジットカードが作れないことになることを把握した上で手続きを行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です