債務整理の一つである任意整理というのが

何も自己破産だけが、債務整理の手段ではないのです。たまに勘違いしている人があるのですが、債務整理をするとすべてがチャラになると思っている人が多いのですが、そんなことはないのです。もちろん、自己破産であれば、そうなのですが、実は債務整理というのは、いくつか種類があります。そこはよく覚えておいたほうが良いです。

つまりは、選択肢がある、ということであり、それを弁護士に相談をするのです。そんなに難しいことではなく、特に最終的な手段として自己破産があるのは確かですから、他の方法では無理なときにはそうしたほうがよいです。しかし、当然ですが、自己破産にはデメリットも多いです。財産のほぼすべてを処分することになりますし、破産者、というのが公的に公開されます。

ですから、金融関係の仕事は無理ですし、警備員なんかもできないです。警察関係者であれば、懲戒処分になりますし、色々とデメリットがあるのは確かなのです。ですから、債務整理でも任意整理をまずは検討するべきであるといえます。これは、債権者と話し合って、妥協点を見つけることです。

裁判所が介在することがありませんから、特に公的な身分に影響があるわけではないのです。そうした意味では、多少無理をしてでも任意整理で済ませることが良い方法になるときもありますが、そのあたりもしっかりと弁護士に相談したほうがよいです。あくまで自分の人生に良い行為を選ぶべきではあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です