債務整理の弁護士を探すポイントとは?

債務整理をする場合、依頼する弁護士の腕によって、ずいぶんとかかる時間や費用が違ってきます。債務整理における一番大きな仕事は、債権者との交渉になります。この部分で、借金に関する知識や経験がほとんどない人だと、相手になめられてしまうことがあるのです。その結果、なかなか話が進まず、費用ばかりがかさむということになりかねません。

債務整理の中の「民事再生」と「自己破産」に関しては、裁判所の強制執行力があります。しかし、「任意整理」はそうではなく、弁護士の能力だけにかかっています。直接、債権者すなわち金融業者と話をし、返済方法や返済額などの示談交渉をすることになります。その際に、弱気であいまいな弁護士では、相手がなかなか取引履歴の開示をしないとか、債権者に不利な条件を出されてしまうことがあります。

さらに、過払い金があるにもかかわらず、なかなか支払われないというケースもよくあります。それから、弁護士への報酬システムが明瞭であることも大きなポイントです。どんなに丁寧で物腰が柔らかく感じのいい弁護士でも、最終的に高額な金額を請求されては元も子もありません。最悪の場合、債務整理をしたばかりなのに、新たな借金を抱えることになりかねないでしょう。

債務整理は、借金誰家の日々から脱出し、新たな人生を立て直す重要な第一歩でもあります。依頼する弁護士は、人間的にも経験的にも信頼がおける人物を探すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です