債務整理で過払い金が戻ってくることがある

債務整理をする利点は、なんといっても過払い金の有無が分かることです。高額の借金をしたり、次から次へと自転車操業状態で借金を重ねている場合、もはや自分の借金の内訳が分からなくなっていることもあるでしょう。どれが借金で、何が利息か理解していないこともあるかもしれません。「支払っても、支払っても、まったく借金が減らない」という場合は、利息ばかりを払い続けているだけで、元金の部分がちっとも減っていないのが原因であることもよくあります。

この借金をより膨れ上がらせる利息ですが、場合によっては、違法な金利を請求されていることがあります。利息制限法が制定される以前に使用されていたのが出資法ですが、その金利の上限は29.2%となっていました。しかし、利息制限法によって引き下げられたのです。しかし、悪徳な金融業者によっては、引き続き、高額な金利をとっている場合があるのです。

そこで、債務整理をして収支を隅々まで見直すことによって、過払い金が発覚することがあるのです。ただ、過払い金の請求については、10年前までしかさかのぼることができません。つまり、10年以上超えた分に関しては、もはや請求できないということです。ですから、もし、支払い過ぎているような気がするなら、すぐにでも専門家に相談することです。

払う必要のない金額で、返還してもらう権利があるのです。債務整理をすることで、思ったよりも借金は多くないと分かることもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です