過払い請求のみの債務整理

債務整理をするとブラックリストに載って、その後は新たなローンを組むことができなくなると言われることがあります。借りたお金を返さなかったのですから、それは当然のことかも知れません。債務整理が行われるときに過払い金が発生していれば過払い請求が行われるのが普通です。ですから、過払い請求を行うとブラックリストに載ると思っている人も多いようですが、過払い請求だけではブラックリストには載りません。

過払い請求とは、支払いすぎた利息を返してもらうことだと考えれば良いでしょう。利息制限法の上限金利を超えて融資をした場合、本来は支払わなくても良い利息を支払っていることになります。これは法的に無効ですから、返還してもらう権利があります。つまり、自分の資産なのです。

それを取り戻すだけですから、返済が遅れたり、あるいは踏み倒したりするのとは意味が違います。かつては過払い請求を行っても他の債務整理と同じようにブラックリストに載ったそうですが、現在ではブラックリストに載ることはありません。借金が残っている段階で任意整理などを行えば過払い請求も同時に行われますからこのように誤解されていると考えられます。すでに完済した借金であっても過払い請求を行って支払いすぎた利息を返還してもらうことはできます。

この場合、債務整理は行わずに過払い請求だけが行われますから、ブラックリストに載ることはなく、従って新たにローンを組める可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です