債務整理の自己破産にかかる費用

債務整理の方法として自己破産を選択した場合、いったいどれくらいの費用がかかるのでしょうか。債務整理にはお金がかかると言われることも多いですが、これは専門家に対する報酬がかかるからです。自己破産にはいくつかの方法がありますが、最も安くするためには自分で申し立てをして同時廃止ができる場合です。この場合、だいたい3万円くらいで済ませることができます。

もちろんですが自分で行うためには法的な知識が必要となりますし、昼間に裁判所に行かなければなりませんから時間もとられます。弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズに手続きを進めることができるでしょう。この場合、それぞれで報酬の金額は異なりますが、同時廃止であれば15万円から40万円くらいかかると考えておいた方が良いです。破産管財人が必要な場合には、弁護士や司法書士への報酬とは別に50万円くらいの費用がかかるのが普通です。

専門家に依頼して債務整理をすると大きなお金が必要になるというイメージがあると思いますが、メリットは非常に多くあります。たとえば、申し立てに必要な書類を作成してくれますし、債権者とも交渉をしてくれますから、自分で行わなければならない手続きは大幅に減ります。また、免責不許可事由に抵触する可能性のある場合には、特に経験のある専門家に依頼するべきでしょう。経験のある専門家なら、うまく申請をして免責許可を実行してくれる可能性が高くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です