任意整理という債務整理の方法

最近はテレビや電車の吊り革広告で債務整理に関する情報をよく目にします。債務整理はクレジットカードのリボルビング払いや、消費者金融からのキャッシング等で多重債務に陥った方がよく利用する方法です。数種類ありますが、民事再生に関して簡単にですが記載します。民事再生とは債務整理の中でも、自己破産の次に債務を大きく減らす方法です。

免責不許可事由により、自己破産できない人や、住宅やマンションを手放したくない人が利用する手段です。債務を大幅に圧縮できるのがメリットです。債務総額五千万円以下の方が対象です。おおよそですが、債務を約五分の一程にした後で、約三年間の期間で返済していきます。

自己破産は収入の見込みのない方が対象ですが、民事再生は継続して収入のある方が対象となります。自己破産と同様に、信用情報機関に登録されますので、今後約10年前後は新規でローンを組んだり、借り入れを行う事はできません。自己破産は債務を全てなくす代わりに財産も没収されます。また、借金の理由がギャンブルや浪費の場合、自己破産は適用されません。

これに比べて、民事再生は、免責不許可事由があっても債務を軽減する事も可能ですし、住宅やマンションを手放したくない人には有効な手段です。長い人生の中で様々な不慮の事態で多重債務となってします場合はありますが、普段から、堅実な生活を心がけていれば、多重債務には簡単に陥りません。誘惑に打ち勝つ心を持つ事が肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です