ドリップコーヒーのコツを知ろう

ドリップコーヒーとはコーヒー豆を焙煎し、挽いて粉にしたものにお湯や水でエキスを抽出することを言います。一般的には「ハンドドリップ」をイメージするかもしれませんが、粉をセットするタイプのコーヒーメーカーも同様です。シンプルな方法でありながら、コーヒーの味わいと香りをしっかりと引き出すことができます。大切なのはただ粉にお湯を注いでいくのではなく、粉の量や温度をはじめ、最初の蒸らしから抽出する時の時間まで味わいや香りに大きく関わってくるので注意が必要です。

美味しさを引き出すためにはいくつかコツを知っておくとよく、簡単でありながら仕上がりの違いにつながります。ドリップコーヒーで意識したいのは最初と最後の一滴で、最初はもっとも美味しく、最後は雑味が強くまずいです。最初の一滴はドリップする時に必ず入るので気にすることはなく、最後の一滴を取り除くように気を付けると美味しくなります。またドリップコーヒーを淹れる時のお湯は90度くらいで、沸騰した湯はえぐみを引き出してしまうので、沸騰直前か、少し冷ましてから使用してください。

お湯は最初の蒸らしに少量、最低30秒から濃いコーヒーが好みなら1分ほど待って、分量になるようにお湯を注いで抽出していきます。ちょっとしたコツで味わいが大きく変わるのが特徴で、自分の好みを見つけ出して淹れるようにするのがおすすめです。ハンドドリップなら気楽に美味しいコーヒーを自宅で味わえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です