ドリップコーヒーとは

仕事の合間やご家庭等で一息つきたいときに飲まれることの多いコーヒーですが、近年では様々な種類が登場しています。中でも最近再び注目を集めているのがドリップコーヒーです。ドリップコーヒーとは挽いたコーヒー豆を紙などのフィルターに入れ、お湯を注ぎ濾しながら入れるコーヒーの事です。フィルターに紙を使うペーパードリップやメッシュが金属でコーティングされたゴールドフィルターを使うゴールドドリップ、布を使うネルドリップ等が一般的です。

またインスタントのドリップパックコーヒー等もあります。ドリップコーヒーの特徴は手間や時間、コストがかかる分本格的な味や香りを楽しめる所です。またドリップコーヒーは淹れ方次第で味わいが大きく変わります。コーヒー豆を充分に蒸らすことが美味しく淹れるコツであり、この基本を知っていると喫茶店やカフェで飲むような美味しくて本格的な物が味わえます。

その基本的な淹れ方はまずドリッパーにペーパーフィルターをセットします。次に分量のコーヒー粉をペーパーフィルターの中に入れ優しくドリッパーを揺すり、コーヒー粉を平らにしておきます。これで準備は完了です。そしてここからコーヒー粉にお湯を注ぎコーヒーを淹れますが、最初は蒸らしのために次はコーヒーの成分を抽出するためにお湯は基本的に2回に分けて注ぎます。

お湯を注いだら最低でも30秒、濃いコーヒーがお好みなら1分ほど待ちます。そしてこの待っている時間がコーヒーの味を左右する蒸らしの過程です。蒸らし終わったら次はコーヒーの抽出に移りますがここでのポイントは、お湯を切らさないように細くゆっくりと注ぐことです。スピードによって味わいが変わってきますので内側から外側に外側から内側にのの字を描くように注ぐことが大切です。

オフィスコーヒーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です