オフィスコーヒーの形態と導入メリット

最近、オフィスコーヒーを取り入れる企業が増えてきています。オフィスコーヒーには一杯抽出型とブリュワー型、自動販売機型という形態があります。一杯抽出型は飲みたいカプセルなどをその都度設置して、その場で焙煎やドリップを行うため、気軽に本格的な味を楽しむことができ味や種類も多様なのでその日の気分に合わせて楽しむことが可能です。ブリュワー型では複数杯分のコーヒーを一度の抽出で行うので、作り置きをしていつでも飲みたい分だけ注ぐことができますが、味の種類は少なめなのがデメリットといえます。

自動販売機型は社内に自動販売機を設置するため、それなりのスペースが必要となります。種類も多く自分でカプセルなどを設置する手間が省けるのが魅力です。オフィスコーヒーを導入することで、いちいち買いに行く手間が省けて比較的省スペースで設置でき、メンテナンスは業者に任せておけばよいので、手軽にコーヒーを楽しむことができるのがメリットです。ただ味が豊富なものもあるとはいえある程度は限られてきますし、ブリュワー型になると淹れたてを飲みたいときに飲めない、カプセル型になると足りなくなったり余りが出てしまうことも考えられます。

オフィスコーヒーを取り扱っている業者も多く、扱っている種類や形態、設置の仕方などもそれぞれです。導入してから後悔しないよう、自社の人数や設置スペース、必要な味や飲む頻度などよくリサーチしたうえで導入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です