オフィスコーヒーは自分で淹れるのが経済的でおいしい

オフィスコーヒーは効率化を考えベンダーマシンを利用しているところが多くなっていますが、経済的な面からはあまり良い方法とは言えないことも少なくありません。利用者が非常に多いオフィスの場合には、時間がかからないため非常に効率が良いと考えられる面もありますが、人数が少ない場合には逆に非効率となってしまうことも多いため注意が必要です。コーヒーは基本的に挽きたてが最も美味しく、またコーヒー豆も時間が経つにつれ酸化し味が落ちると言う欠点があります。そのためベンダーマシーンのメーカーの多くは定期的にコーヒー豆を入れ替えると言う作業を行っており、その間目の購入費用も会社の負担となるため、利用者が少なければ多額の出費となってしまうことになるため注意をしなければなりません。

そのため、人数が少ない場合には逆に一人当たりのコーヒー代が高くなってしまうことになり、またベンダーマシンの利用費用なども社員一人当たりの負担が大きくなることになります。オフィスコーヒーを効率的にしようと考えベンダーマシンを導入するところが少なくありませんが、逆に費用がかかることになる場合もあるので注意をすることが必要です。このような場合にはコーヒーサーバー等を効率的に利用し、コーヒー豆を無駄にしないような方法を考えることが大雪になります。また、豆生挽く際の香りは非常に良いものであるため、職場の雰囲気も良いものとなる効果があります。

オフィスコーヒーは、状況に応じて選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です