デカフェとはなんですか

デカフェとは、もともとカフェインを含んでいる食品や飲料からできるだけカフェインを取り除いたり、通常ならば添加するカフェインを添加しないことで、カフェインを含まない物のことを言います。カフェインレス、カフェインフリーという言い方もします。単にデカフェとある場合は、カフェインレス・コーヒーのことを指すことが多いです。これは、有機溶剤や二酸化酸素を利用してカフェインを取り除く処理をしたコーヒー豆やインスタントコーヒーのことです。

日本には明確な基準はありませんが、ヨーロッパの規定では、カフェインの量がコーヒー豆で0.1パーセント以下、インスタントで0.3パーセント以下が基準とされています。デカフェはカフェインを避けたい、しかしコーヒーを飲みたいと思う人に良く利用されています。欧米では広く受け入れられていますが、日本でもインスタントで販売されているものや、一部のカフェで用意されるようになってきました。カフェインが除去されることによってメリットがあります。

コーヒーが好きで一日に何杯も飲みたい人や、ドライブや映画館などトイレが気になるシーンでも気にしないで飲むことができます。また、夜寝る前にコーヒータイムを設けることもできるのです。妊婦や健康上の理由でカフェインを避けなければいけない人も、コーヒーを楽しむことができます。カフェインを気にせずいつでもコーヒーを飲むことができるデカフェを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です