カフェインレスコーヒーとはどのようなものですか

コーヒーが好きでたくさん飲みたい、でもカフェインの摂り過ぎが心配だという人におすすめなのが、カフェインレスコーヒーです。 カフェインレスコーヒーとは、カフェインを除去したコーヒーのことで、デカフェ、ノンカフェインコーヒーとも呼ばれています。カフェインを取り除いているので、一日に何杯もコーヒーを飲みたい人や、夜寝る前、カフェインを避けている人も飲むことができます。また、トイレを気にする必要もありません。

製法としては、生成した後のコーヒー豆からカフェインを取り除く脱カフェイン法が使われています。生豆を有機溶媒、 水、二酸化炭素などの溶媒に浸してカフェインを抽出します。気になるカフェインの除去率ですが、日本には明確な規則がなく、欧米由来のものが輸入されています。EUの規定では、コーヒー豆でカフェイン残留量が0.1パーセント以下、インスタントでも0.3パーセント以下ということになっていますので、かなり取り除かれているといえます。

しかし、脱カフェイン法ではどうしても風味を損なってしまいます。そのため、カフェインレスのコーヒーの木を育成する試みもされていますが、残念ながらまだ実用には至っていません。 欧米ではカフェインレスコーヒーは、健康上の事情からカフェインを避けたい人たちのあいだで広く受け入れられています。日本でも、あまりなじみがないながらも、外資系のカフェやホテルのメニューにあったり、スーパーマーケットで売られていたりするのを見かけるようになりました。

カフェインを摂りたくないけれどもコーヒーが飲みたいときに、カフェインレスコーヒーは強い味方になってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です