FAXDMやるときは相手が個人か事業者か

FAXDMはファックスを使用したダイレクトメールのことです。FAXDMは受信されたファックスから出てきた紙に宣伝内容が印刷されることで成り立ちます。FAXDMを利用するメリットはファックスから出てくる紙は裸なので、出てくる紙を拾う過程で書いている内容を見てもらえる可能性が高いことです。これに対してインターネットメールや郵送物は開封作業をしないと中身が見えにくいようになっていますので、開封することなく容易に廃棄されてしまいかねません。

また送信コストも郵送物よりかははるかに安くつきます。ファックスを使用した宣伝では大量に送信可能にしてくれる代行専門業者を利用する方法があります。その業者を利用すると商売関係者向けの顧客名簿が用意されていたりするので、それを利用して反応が得られやすい業者を探し出すこともできます。しかしFAXDMでの宣伝はデメリットもあることに注意しなければなりません。

まず第一に個人ではファックスを保有している人の数はかなり少ないという点です。そのためファックスを使用した宣伝ではほとんどが会社など商売関係者向けに絞られてしまいます。さらにファックスを使用した宣伝で注意することは、受信側のファックスのインクや紙を消費してしまうからです。これが問題となって特定商取引法が改正されまして、個人消費者への送信は相手の同意がなければ送信できなくなりました。

ただしこの法律では商売関係者向けに対しては、ファックスを使用した宣伝は従来通り相手の許可を得ないでも行うことができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です