FAXDMのデメリット対策

FAXDMは、ファックスを利用してダイレクトメールを送るという広告方法です。ファックスがある会社であれば、どこにでも送ることができて、開封率が高く低コストで宣伝できるというメリットがあります。FAXDMはメリットが多いですが、デメリットもあるためそれを理解した上で送ることが重要です。デメリットとしては、受け取る側にインクトナーや紙の負担があるためクレームが発生しやすい、白黒の印字で用紙一枚でしか内容を伝えられない、少ないリスト数にアプローチしても反応を得るのが難しいということが挙げられます。

FAXDMを利用する場合には、このようなデメリットに対して対策することが必要です。対策方法としては、配信停止依頼の方法の記載をしておくことが良いとされています。配信停止希望欄を設けておけば、返信してもらえます。配信停止方法がなければ、直接電話する必要が出てきてしまい受け取る側の負担になります。

クレームがあった場合には、宛先に送らないように注意するとも重要です。そのほか、深夜や早朝に送らない、受け取る側が興味がありそうな内容のものを送るように心がけます。用紙一枚の広告ですので、受け取る側の興味をそそるようなキャッチコピーなどを用意するなどの工夫も行います。FAXDMの効果を出すためには、自社でリストを作成するのではなく配信業者に対応を依頼することでリストの数を増やせます。

広告の効果を上げるためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です