リバイバルのFAXDMに注目が集まっています

リバイバルのFAXDMに注目が集まっています若い人に話を聞けば、今なぜファクシミリが復活しているのか不思議に感じる人が多いです。現実に2021年現在は、ファクシミリを使った宣伝広告が主力となっています。とはいってもそれは企業向けの宣伝広告に限ります。個人が日常通信手段として使っているのがインターネットのメール機能です。

個人が日常手段として使うにはインターネットのメール機能が最適です。インターネットの閲覧を契約しているだけで、メールの機能は無料で使えるからです。企業の宣伝広告に限っては、インターネットを使ったメールは効果が全くありません。それには大きな理由が隠されていました。

せっかく苦労して企業に送りつけたメールですが、それらは企業側の迷惑メールとして分類されるからです。これではビジネスに結びつくはずがありません。そこでいま見直されているのが、昔ながらのファクシミリを使った通信です。日本の企業は大手から中小企業に至るまで、未だにファクシミリを連絡の中心に据えています。

ですからどのような企業でもファクシミリの受信機を持っています。それでFAXDMが見直されてきました。その一番大きな魅力は、FAXDMが企業のファクシミリ受信機で直接印刷されるということです。ということはFAXDM自体が開封された状態で相手の企業に届くということに他なりません。

もう一つ大きな魅力は、送りつけたメールは、必ず一度企業側の担当者の目に留まるということです。その瞬間に大きなビジネスチャンスを見出すことがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です