ビジネスの戦略を支える FAXDMダイレクトメール

これはダイレクトメールのリバイバルであるということもできます。その昔アメリカでダイレクトメールを使った宣伝広告の手法が開発されました。その時には郵便を使ったものが大半でした。当時は企業向けというよりは、個人向けのメールが多かったようです。

しばらくしてインターネットの時代を迎えました。もはや郵便でメールを送る必要がなくなったということです。アメリカの人々は、こぞってインターネットのメール機能を使うようになりました。個人用のメールでは何ら問題はありませんでしたが、それが企業用のダイレクトメールとなると話が違ってきます。

企業のメールで必要なことは、相手側の担当者がそれを開封してくれるということです。送りつけたメールが開封されない限りビジネスのチャンスはありません。そこで再び見直されてきているのがFAXDMを活用した企業向けのメール送信です。FAXDMは開封率が極めて高いという大きな特徴があります。

しばらく前までの状況を冷静に観察すると、ファクシミリを使ったメール送信というのが一般的であった時代があります。ところがそれは郵便を使ったメールに取って代わられました。郵便を使ったダイレクトメールには決定的な欠点がありました。せっかく苦労して作成し送りつけたメールですが、そのほとんどは開封されることなしにゴミ箱で処分されたということです。

このような状態の中では決してビジネスチャンスは生まれません。そこで近年再び見直されてきているのがFAXDMです。それには大きな秘密が隠されていました。日本企業の大半が、未だに、ファクシミリを主力な通信手段として使っているからです。

FAXDMのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です