分煙機における分煙の問題について

分煙機における分煙の問題について

分煙機は現代において非喫煙者の受動喫煙を防止するために非常に効果的なものとされています。
また国からその工事費の半額を補助してもらえるということもあって、設置する企業や団体が増えています。オフィスの中に置いても分煙機が設置されている場面をよく見かけますが、その設置方法には問題が有る場合も少なくありません。

喫煙の問題は昨今様々な場面で話題になっており、特に煙草の先端から発生する副流煙が最も体に悪いという報告はあちこちでなされています。

物理的にも喫煙者はフィルターで有害物質がある程度濾過された煙を吸っているのに対し、副流煙は生の煙が流れ出ているのですからその違いは明白です。



分煙機は大抵の場合その煙を吸い込み、機内のろ過装置で空気を浄化させていますが、その為に空気の流れを生み出しています。


そのため本来ならば一定の所に溜ってしまうはずの煙が分煙機が引き起こす空気の流れでかき回され、全体に充満してしまうのです。

エアカーテンに関する話題が豊富です。

そしてその部屋のドアを開けた瞬間に室外に流れ出てしまうという現象を起こしてしまいます。

その為単に部屋の中や部屋の一角に分煙機を設置しただけでは、煙を拡散してしまうという危険もあるのです。



設置に当たっては出来るだけ煙を拡散させないような設置場所及び部屋の作り、空気の流れなどを十分に考慮した上で行わないと、本来の意味をなさない結果になってしまうことが有ります。


この点を十分に考慮し、設置を行うことが大切です。

Copyright (C) 2015 分煙機における分煙の問題について All Rights Reserved.